多くの女性はエステを利用することによって、自分が求めている最高のスタイルを実現されています。
エステについて抵抗を持っている女性も多いですが、実際に利用してみれば「もっと早く来れば良かった」と思うことでしょう。 洗浄力が強くなっているために今ではオイルタイプのクレンジング料が売れていますが、毎日使用をすることでお肌にダメージを与えてしまいます。
洗い流すことの出来る肌に優しく、クリームや油性ジェルなどといったタイプを使用するようにしましょう。クレンジング料というのはお化粧の成分を浮き上がらせる油分だけではなく、水に馴染ませることとなる界面活性剤などが含まれています。
このことから最も肌を傷つけてしまうものですのでスキンケアアイテムには注意が必要となります。

 

クレンジング料の種類としてふきとりタイプやオイル・リキッドタイプ、また泡タイプやクリームタイプなど様々販売されています。
この中でも肌に最も刺激が強くなっているのがふきとりタイプであり、毎日使用をしてしまうと赤ら顔になったり、シミができやすくなることもあるのでご注意ください。



クレンジング料を考えて正しい美肌作りをしようブログ:2019/5/23

減量と呼吸って、
一見、何の関係もないように見えますが
意外とあなどれないんですよ!

当たり前のことですが、
人間が生きていくには酸素が必要です。
そして脂肪が燃える代謝を上げることにも、
酸素は必要不可欠なんです。

ちなみに、
私たち人間の呼吸の回数は、1分で平均18回といわれています。
24時間に換算すると、実に26,000回にもなるんですね。

本当にちょっとしたことではありますが、
生きている限り呼吸をし続けるわけですから、
これを意識して変えるだけで、
減量効果の他にも、
美肌効果や健康面のいい効果が期待できるんですよね。

何かが燃える時は酸素が必要になります。
脂肪も同じように、燃えるには酸素が必要です。
ウォーキングなどの有酸素トレーニングが
減量に効果的なのはそのような理由もあります。

つまり、
減量のために脂肪を燃やしたいなら
酸素をしっかり身体へ取り込むことが大事なんです。

みなさん、
普段の生活で、浅い呼吸になってはいませんか?

減量のためにも、
呼吸はできるだけしっかり、深くするようにしましょう!

それから
呼吸はなるべく鼻ですることが良いみたいです。

空気が鼻を通過することによって、
雑菌やホコリが除去されて
体温で温められ湿気が多くなります。

温かく、湿気の多い酸素の方が
肺は取り入れやすいといわれています。

また、くちで呼吸をしていると
もともとは閉じているべきくちの筋肉が、
常にゆるんだ状態になっていることになりますよね。

これは顔全体のたるみにもつながりますし、
逆にくちをしっかり閉じて鼻で呼吸することに慣れれば、
無意識のうちに顔を引き締めていることになりますよ!

減量のためにも、美容のためにも、
鼻から呼吸しましょうね!

今日は、ここまで。

このページの先頭へ戻る